主に趣味やゲームについて語るブログ

【絶体絶命都市4】閲覧注意!問題シーン「笠原弥生暴行事件」について

Pocket

どうも、実況動画を編集し終えたにわとりです。

なかなかに大変な作業でした。

ゲームをしたいのと動画を編集したいのとで多忙w

さて、今回は絶体絶命都市4の問題シーンについてです。

 

※当記事はネタバレを含みますのでご注意ください

絶体絶命都市4の感想・評価はこちら

 

2019年9月18日追記:後日談エピソード

 

絶体絶命都市4を先日クリアしたのですが、

プレイしていて非常に心が苦しくなるシーンがありました。

 

そうです、

笠原弥生が暴行されてしまうシーンです。

 

 

動画(10:04~)では主人公が駆け付けた時にはもう犯人はおらず、

痣ができ、服がボロボロの笠原弥生がただ一人座り込んでいます。

 

彼女は何をしたわけでもなく

男二人によって一方的に性的暴行を受けました。

 

 

グラフィックはそこまで良いわけでないとしても

この描写は非常に痛々しいです。

痣、破かれてはだかれた衣服、涙を流したあと。

見ていて非常に辛いです。

 

実況動画もあげていますが、

このシーン以降私のテンションが非常に下がっています。

 

 

あんなものを見せられて元気にプレイする方が無理です。

人によってはトラウマになってしまうのではないでしょうか。

 

前作も今作もギャグとしていろいろ楽しめる部分はありましたが、今作をこんな仕様にするなんて一体誰得なんでしょう。

 

シリアスにするにしても

どうしてこうも救いようのない心が痛む胸糞物語にしてしまったのでしょうか。

 

このイベントを回避する手段もなさそうですし、

なにより

 

結局犯人の男二人組はエンディング後も処罰された様子はありませんでした。

(というか触れられていない)

 

真エンドだとハッピーエンドなのかどうかは知りませんが、これは非常にいただけない展開です。

クマザワ(詐欺・窃盗)男二人組(暴行)も処罰されないままエンディングを迎えてしまうのですから。

 

なぜ天罰が下るスカッとしたシーンを組み込まなかったのかが謎で仕方がありません。

 

あえてこんな風にゲームを作成して

こうして話題となるように狙ったのでしょうか。

 

何にしてもプレイしていてい本当に辛かったです。

 

どうか救われる物語であってほしかった。

 

そもそもこのゲームは後半に一気にダークな部分を詰め込みすぎなのです。

 

いじめられていた生徒が自殺するのを助けた先生が死んでしまったり、

先述した通り何も悪いことをしていない女性が暴行されたり、

婚約者が実は奴隷売買のようなことをしていて裏切られたり・・・

 

結局どの問題も深くは触れられていないので、

なぜそうなったかという過去の経緯や、その後の話などが全く出てきません。

 

なので非常にもやっとしたまま物語が終了してしまうのです。

 

これはいかがなものでしょうか。

 

しかもこの3つの物語に共通して言えるのが、

被害者たちは何一つ悪いことをしていないということです。

 

「正直者がバカを見る」という世界を見事に表現されてしまいました。

 

後半になって物語に一気に手を抜いたとは考えにくいですが、

せめてもっと気持ちのいい終わり方をして欲しかったです。

 

被災地の悲惨さを災害だけでなく「人間の行動」で表現したのがこのゲームなのかもしれません。

実際の被災地でもこういったことは起こるようですが、

やはり結局は人間が恐怖の一番の対象なのでしょうか。

 

考えさせられるような、

納得のいかないようなそんなゲームでした。

 

関連記事

コメント

    • 通りすがり
    • 2018年 11月 25日

    ゲームでありながら、このあたりが描写不足というか現実的ですね。
    現実では起承転結が成立したりハッピーエンドにおさまったりなど滅多にありません。
    捕まる奴もいれば 混乱に乗じて雲隠れなどゴロゴロあります。
    ポジティブにいえば この作品にはそんな意図もあるのかもしれない ととることも出来ますが、全体的に今時にしてはお粗末な作りにも感じられたので、単なる描写不足だと思います。
    でも今回はゲームだからこそ裁いてほしかったです。

      • niwatori
      • 2018年 11月 26日

      通りすがりさん
      コメントありがとうございます。

      確かに私もゲームだからこそある程度のハッピーエンド、
      もしくはご都合主義でも良かったのではとどうしても考えてしまいます。
      そもそもの物語の舞台が被災地なので、
      そこで生活する困難さ、脅威、理不尽さを伝えたかったのでしょうが。

      それにしてはギャグ路線は多いし、
      後半とのギャップがひどすぎる気がします(´・ω・)

      あまりふざけた内容にすると実際の被災者から批判の声が上がるのは目に見えてますが、
      この作品は被災地での被害は「災害だけでなく人間関係もある」ということを伝えたいのでしょうか。
      変なところで現実を見せつけられてただただ辛い思いです。

      そして描写不足であり、なぜあのシーンを組み入れたのか疑問です。
      制作者側でどうしても伝えたい理由があったのでしょうか。
      うーむ。

    • カントリーマアム
    • 2019年 1月 19日

    確かにこういう胸糞展開は現実の災害現場でもあるかもしれないが
    どうしても回避出来ないというのは逆に非現実的じゃないかと思いました
    鍵持ってるのに開けられないとかw
    助けたい気持ちがあるんだからそれだけの展開も用意してほしい!

      • niwatori
      • 2019年 1月 19日

      カントリーマアムさん コメントありがとうございます。

      そうなのです!
      内側からカギがかかっているって描写もおかしいし、
      ドア叩いたり叫んだりすることで犯人たちが気付いて何かしらアクションを起こしてもいいと思うのですが・・・w
      その辺が変にゲームなんですよね。
      厳しい現実を伝えたかったならばそういった細かいところもきちんとして欲しかったです。

      そして一番欲しかったのは
      私もカントリーマアムさんと同じく、救済イベントです(´・ω・`)

    • 2019年 4月 26日

    慶応ボーイや山口敬之のように強姦されても下痢民が絡むと不起訴になるのはこの国では常識でっせ
    もはや国技とでも言ってもいいぐらいには

      • niwatori
      • 2019年 4月 28日

      日本はその辺の法律と言うかなんというかが弱いですよね。
      なんとかすれば法律に抜け穴も付きものですが、この件に関してはもうザルで被害者は泣き寝入りするしかない場合も・・・
      修正すべきだと思うんですけどね~

    • 2019年 4月 26日

    下痢民=自民党

  1. この記事へのトラックバックはありません。