主に趣味やゲームについて語るブログ

【MHW:IB】アイスボーン版:モンスター別必要ガード性能&ガード強化(対策)まとめ

Pocket

※ワールド時代(上位)までのモンスター別必要ガード性能&強化一覧はこちら

※攻めの守勢(JG)テクニック記事はこちら

 

今作では亜種を含める新モンスターが多数登場しました。

 

ということで、

私達ランサーが気になるのは「ガード強化がないと防げないのは、誰のどんな攻撃なのか」という点です。

 

ー目次ー

番外編:ランスの魅力を存分に詰め込んだ動画

 

今回おもしろいところがありまして、同じモンスターでも

上位ではガード強化が必要なかったモンスターが

マスタークラスになるとガード強化が必要になるという異例が多数発生しています。

 

そう。

ディアブロス亜種君。君だ。

 

そして更におもしろいことに

上位ではガード強化が必要だったモンスターが、

マスタークラスになると「ガード強化が不要になる」という異例中の異例も発生しています。

 

そう。

怒り喰らうイビルジョー君。君だ。

 

ということで、この2体を含めた

【アイスボーン版】モンスター別必要ガード性能&ガード強化一覧をご覧ください。

 

☆モンスター別必要ガード性能

 

これは正直PSによるところもありますが、

マスタークラスはガード時のダメージ量が多いかつ、回復カスタムが付けられるのは終盤なので

とりあえずガード性能3を付けておけば間違いないです。

 

もちろんガード性能1でもいいモンスターも存在しますが、その都度装備を変えるとなると割と面倒です。

そのうえガード性能3が必要、またはあった方が安定するモンスターが圧倒的に多いので

ガード性能3をおすすめします。

(古龍でガ性1or0でも大丈夫なのはナナくらい?)

 

ガード性能1は回復カスタムが整ってから挑戦してみましょう。

 

そして個人的に「ガード性能5」があってもいい(欲しい)かなと思ったモンスターは

  • ネロミュール
  • アン・イシュワルダ(必須?)
  • 怒り喰らうイビルジョー
  • 死を纏うヴァルハザク
  • 悉くを滅ぼすネルギガンテ
  • ラージャン←NEW

です。

 

ー理由ー

ネロさんは水鉄砲の圧力が強すぎて、ガード時によくノックバックします。

また、必殺技をモロにガードしようとすると、スタミナ・体力がごっそり持っていかれます(回避推奨)

 

アンさんはそもそもガードしてはいけない攻撃が存在するのですが、

その攻撃を意地でもガードしたいときにガード性能5が必要です。

避けるかあえて被弾するのが吉ですが、もしもの保険にはいいかも・・?

 

悉くネルさんは1つ1つの攻撃の威力が高いので、ガード性能3だと辛いです。

ノックバックよりも純粋にダメージが痛いですw

 

ラージャンはもうガード性能5でもヤバいです。

 

 

☆モンスター別必要ガード強化(対策)

 

【ワールドまで(上位)のガード強化が必要なモンスター】

  • ※ラドバルキン
  • ※ウラガンキン
  • イビルジョー
  • テオテスカトル
  • ナナ・テスカトリ
  • ヴァルハザク
  • ※キリン
  • ゼノ・ジーヴァ
  • マム・タロト
  • ベヒーモス
  • モス(正月限定クエ)

※PSによっては必要なし。

 

【アイスボーンで追加・変更されたガード強化が必要なモンスター】

  • アンジャナフ(拘束攻撃)←NEW
  • ジンオウガ
  • ディアブロス亜種(クラウチング突進のみ)←NEW
  • ※イヴェルカーナ(冷凍ビーム)
  • ネロミュール(必殺技のみ)
  • 死を纏うヴァルハザク(瘴気全般)
  • 紅蓮滾るバゼルギルス(必殺技のみ)
  • アン・イシュワルダ(透明な空気攻撃全般)
  • ※怒り喰らうイビルジョー(そもそも防げない)←NEW
  • リオレウス系(拘束攻撃)←NEW
  • ラージャン(縦線ビーム)←NEW

拘束攻撃・首を上げて吐く冷気はガード強化でも防げません。

また、攻撃後に地形にエフェクトが残る
パオウルムー亜種の睡眠煙幕・ブラキディオスの粘液・ディノやレイアの炎・ナルガの棘・イビルジョーの龍煙等も防げません。

 

それらの攻撃を防ぐ(軽減する)には、

対応した状態異常耐性・属性耐性を上げる必要があります。←重要

 

ガード強化が必要と紹介しているモンスターの中には

拘束攻撃や必殺技のみガード強化が必要なモンスターも存在するので、回避できる方はガード強化は不要です。

 

そして、イビルジョーガード強化を付けていても拘束攻撃を防げなくなりました。

この仕様により、ガード強化を付ける意味がなくなってしまいましたねw

 

イビルさんは連続攻撃後にジャンプ拘束攻撃を仕掛けてくるのですが、

これは納刀してからの回避で避けられます。

 

が、

 

抜刀時に唐突に飛んでこられるとどうしようもないので、

拘束解除のために常に閃光弾をスリンガーにセットしておくようにしましょう。

 

また、先述した通り

地形にエフェクトが残る攻撃はガードが出来ないので、その場にいるだけでゴリゴリと体力が減っていきます。

 

ここでは書いていませんが、

テオやナナの炎も大変なことになっていますw

 

なので、

ランスは他武器種と比べて

特に注意して各属性・状態異常対策スキルを付けて挑まなければならないのです。

(火耐性15・20以上・龍耐性15・20以上・氷耐性15・20以上・etc…)

 

だって、機動力に乏しいんだもの。

 

しかしこれは裏を返せば、

対策スキルさえ組み込めばランスは無敵(乙らないとは言ってない)ということなので、ランサー人生もまだまだ捨てたものではありません!

 

モンスターに対応したスキルを付けて

ジャストガード・カウンタークラッチクローを楽しんでいきましょう!

 

 

ランス、楽しいですの(‘ω’)

 

では、おつかれろんり~!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。